右クリック禁止・選択禁止・コピー禁止を禁止する

ブラウザの開発者ツールを開き、コンソールに次のコードをコピーして enter。

((es, ms, c) => es.map(e => ms.map(m => e["on" + m] = c)))([document.body, document.body.parentNode], ["contextmenu", "selectstart", "copy"], e => e.stopPropagation())

これでほとんどの contextmenu, selectstart, copy イベントを無効化しているコードを無効化できる。

EOS RP レビュー:買ってみて分かったこと

これまで APS-C センサーの EOS 60D を使用していたが、以前から次の性能や機能を満たすカメラを検討していた。

  • APS-C より大きなセンサー
    • ボケ量のコントロールが大きい
    • 解像度が高く、高感度でもノイズが少ない(グラフィック素材として大変便利)
  • サイレント撮影ができること(記録用なのでシーンモードのみで問題ない)

この条件を満たしかつ安価な EOS RP が発売されたので、評判を見つつ4月末に RF35 MACRO IS STM マウントアダプターキットを購入した。

RF35mm F1.8 マクロ IS STM は小型軽量でハーフマクロもこなせるレンズで、日常のスナップにちょうどいい。そしてキットに付属のマウントアダプターは EOS R で初めて導入されたコントロールリングのついたもの。

電子ビューファインダー(EVF)の表示や遅延

→ シビアな撮影でなければ OVF と同様に使える

今回 EVF を搭載したカメラを手にするのはオリンパスの OM-D E-M5 Mark II に続いて2台目となるが、正直なところあまり見え方には期待していなかった。

ところがファインダーを覗いてみると思っていたように見え方が自然で遅延も少なく、青みがかった色でギラつきを感じる E-M5 Mark II よりもずっと良い。背面モニターとの色の違いも少ない。

仕様上では EOS R が 3.7 Mpixels、EOS RP が 2.4 Mpixels と EOS R より解像度は低く完璧かといえばそうではないが、思っていたより荒い印象はなかった。それにファインダー像の大きさは APS-C センサーの一眼レフの OVF と比べればずっと大きい(面積比 126 %)

欠点としては EVF の光軸から目が少しでもずれると周辺部の像が流れてしまうこと。カメラ上部の出っ張りが非常に小さいこと考えれば及第点か。

MFピーキングはどのくらい使えるか

→ おおむね良好だがフルタイムMFにも対応してほしい

EVF でも背面モニターでも必要十分。大口径のレンズでも OVF より歩留まりがよい。

ただしEFレンズやRFレンズではレンズ側のスイッチをMFにしないとこの機能は使えないことに注意。これはフルタイムマニュアルフォーカス対応のレンズでオートフォーカス後に微調整をしたいときに困る。ファームウェアのアップデートで改善されることに期待したい。

顔認識・瞳 AFはどのくらい使えるか

→ 被写体を追えれば精度は高い

まず一眼レフとの違いであるデュアルピクセル CMOS AF によるオートフォーカスは、ほぼ EOS 60D と同等の速度で動作する (EF28/1.8, EF100/2, EF400/5.6L で比較)。フォーカスエリアやポイントは左右の端を除くほぼ全面から選べ、位置は背面モニタをタッチやスワイプすることで設定できて使いやすい。

顔認識・瞳 AF があるのはとても良かった。動き回る子供に対して主に RF35mm での使用で、被写体が近距離で近づくなどして大きくフォーカスを外した場合を除き、ほぼすべての写真がぴったり目に合焦していた。RF35mm 使用時はだいたい被写体との距離が 90 cm あるかどうかで快適さが変わってくる。それより近いとフォーカスが迷うことが多いが、距離が保たれていれば快適に撮影できるが。

一眼レフでは瞳にぴったりフォーカスを合わせるのが難しかったので、EOS 6D や 6D Mark II ではなく EOS RP にしてよかったと思うことの一つだ。

シーンモードのみのサイレント撮影はどのくらい使えるのか

→ 絞りを選びたければマニュアルレンズを。ただし通常のシャッター音も静かなのでそれで間に合うことも

シーンモードではISO、絞り、シャッタースピードがすべて自動で設定される。またISOは上限も設定できない。

もし絞りを開けたい場合はNDフィルターを使ってカメラに届く光量を減らすことで絞り数値が小さくなるが、ISOオートの上限である12800が選ばれて画質が落ちてしまうし、シャッタースピードも低速限界まで遅くなってしまう。

ただし電磁絞りがないマニュアルレンズなら話は別。シャッタースピードさえオートで問題なければ、思い通りの被写界深度の画が得られる。最近では Samyang や Laowa から安価で高性能なマニュアルレンズが発売されているのでそれを使うのも手だ。

とはいえ通常のシャッター音が静かで高音成分も少ないため、これまでの一眼レフの「LV ソフト撮影」で間に合う状況では十分だ。同じ場所で比較したわけではないが、EOS 6D Mark II の「LV ソフト撮影」や EOS 5D Mark II の「LV 静音撮影」と同じくらい、また EOS M5 よりもかなり小さく感じる。

コントロールリングの操作性

→ 左手で操作できるダイヤルがあるのは便利

他の多くのレビューでも触れられている通り、適度なクリック感があり思い通りの操作ができる。

私の場合はここに露出補正を割り当て、M(マニュアル)モードと、EOS R で新たに搭載された Fv(フレキシブル AE)モードの間を行き来して撮影している。

というのも EOS シリーズでは M, Tv, Av, P の各モードで ISO 設定が共有されており、M モードでは ISO 手動、Av モードでは ISO オート、という設定をしたいができない。一方の Fv モードでは独立して ISO 設定が保存されているため、こちらを ISO オートの Tv/Av/P として状況に応じて使い分けている。

これまでの EOS では露出補正もすべて右手で操作していたので、左手で独立したコントロールが得られたのは大きな進歩だと思う。

その他良かった点、気になる点

  • タッチパネルの操作性がよく自然に操作できる。スクロールやドラッグ操作は現在のスマートフォン並とまではいかないが、初期の Android よりずっとよい
  • RF35mm は絞り解放から安心して使える解像力でボケもきれい。大口径でコンパクトかつ手ぶれ補正つき、非常に雰囲気よく写るのでこれを EOS RP のキットレンズにした理由がよくわかる。ただしハーフマクロで繰り出し式のフォーカス方式のためレンズの移動量が大きく、一度フォーカスを外すと復帰が遅い
  • スマートフォン (iOS) との無線通信は、一度 Bluetooth ペアリングをしておけばボタン一つでカメラの Wi-Fi ネットワークに繋げることができる。富士フイルム XQ1 では、すでに Wi-Fi に接続している場合、設定アプリから手動でネットワークを選ばないといけなかった。それに比べると格段に使いやすい
  • バッテリーは予想通り減りが早い。スマートフォンのように頻繁に充電する必要がある。キャンペーンで予備のバッテリーをもらってよかった

f:id:scientre:20190512155027j:plain

MacBook Pro 15インチの買い替え検討メモ

2012年9月から使っている MacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイモデル (Mid 2012) の調子が悪いので、思い切って新しい機種を買うことにした。

写真や印刷物を扱うには sRGB(公式な仕様としては書かれていないがそのくらい)のディスプレイがややつらいので、DCI-P3 の広色域ディスプレイに少し期待している。

サイズの選択

最新 (Mid 2018) の MacBook Pro は13・15どちらのモデルも輝度500ニト (= cd/m²)、広色域(P3)のディスプレイを備える。True Tone(環境光に合わせて色を調整)に対応しているのは15インチモデルのみ。

現在15インチモデルを 1680 × 1050 スケーリング表示しているが、13インチモデルでは「領域を拡大」の最大がこの解像度に当たる。しばらく外部ディスプレイを使用しないことを考えると、13インチでは表示が小さくなりすぎるだろうから15インチを選択する。

CPU の選択

写真のRAW現像は single core score が影響する。スコアと価格を考慮すると Core i7 2.2 GHz モデルでも十分。

機種 CPU Single Multi 価格
MacBook Pro 15 Mid 2018 Core i9-8950HK 2.9 GHz 5,349 22,622 +44,000円
MacBook Pro 13 Mid 2018 Core i7-8559U 2.7 GHz 5,140 17,763 −22,000円
MacBook Pro 15 Mid 2018 Core i7-8850H 2.6 GHz 5,055 21,470 +11,000円
MacBook Pro 15 Mid 2018 Core i7-8750H 2.2 GHz 4,913 21,172 +0円
MacBook Pro 15 Mid 2012 Core i7-3615QM 2.3 GHz 3,235 10,713 --

メモリの選択

16 GB → 32 GB で +44,000円

あとから増設不可能なので 32 GB を選択する。

Photoshop CS6 で幅 6000 px、レイヤーが10枚程度のデータを開くとメモリを 1.4 GB 消費する。

ストレージ

512 GB → 1 TB で +44,000円

今後データが増えることを考え、余裕のある 1 TB を選択する。

現在の MacBook はストレージが 512 GB。iPhone (128 GB) のバックアップはローカルに完全バックアップを作成している。必要ないデータは外付ハードディスク 2 台にバックアップしてある状態で空きが 90 GB くらい。

付属品等

MacBook Pro 2018 には USB-A 端子がなくすべて USB-C なので変換するアダプタを購入する。また最近購入した EOS RP を接続するためのケーブルも合わせて購入。

購入したもの

検討した仕様で税別368,800円、税込398,304円。円安とは本当に恐ろしいものです。

その上で認定整備済製品を確認してみたら、より高いスペックのものが同価格で買えることが分かった。迷わずこちらを購入。

新旧を比較してみると CPU 性能が 65 % 向上した以外にも、サイズがやや小さく薄くなり、190 g 軽くなるメリットもあった。

プロセッサ Core i7 2.3 GHz Core i9 2.9 GHz
メモリ 8 GB 1600 MHz DDR3 32 GB 2400 MHz DDR4
ストレージ 512 GB SSD 1 TB SSD
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 650M Radeon Pro 560X
ディスプレイの色域 sRGB DCI-P3
寸法 359 × 247 × 18 349 × 241 × 16
質量 2.02 kg 1.83 kg

f:id:scientre:20190520222016j:plain
新旧の MacBook Pro 15インチ。Apple ロゴが小さくなっている

2019年4月 金沢市議会選挙 住宅地で騒音を発した候補者

2019年4月21日投票の金沢市議会選挙にて、住宅地およびその近辺で騒音を発した候補者の一覧。

43候補者のうち現在確認しているのは以下の9名。なお定数は38名である。

届出順 届出名 氏名 年齢*1 所属政党/団体 現職/新人
3 森尾よしあき 森尾 嘉昭 68歳 日本共産党 現職 7期
7 中西としお 中西 利雄 69歳 無所属 現職 7期
12 さわい英樹 澤飯 英樹 64歳 無所属 現職 7期
13 上田まさひろ 上田 雅大 45歳 自由民主党 現職 1期
15 よこごし徹 横越 徹 66歳 自由民主党 現職 5期
17 のもと正人 野本 正人 58歳 自由民主党 現職 3期
29 たなか美絵子 田中 美絵子 43歳 無所属 新人
36 こまい大祐 小間井 大祐 36歳 自由民主党 現職 2期
39 山本ゆきこ 山本 由起子 64歳 無所属 現職 3期

*1:年齢は投票日時点

複数の wave ファイルを MP3/AAC に変換する Makefile

FFmpeg を使って wav ディレクトリにある wave ファイルを一括で MP3 に変換するため、次のような Makefile を書いた。

CONV = ffmpeg
OPTS = -filter:a loudnorm -ab 64k
SRCDIR = wav
DESTDIR = mp3

SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.wav)
TARGETS = $(addprefix $(DESTDIR)/, $(notdir $(SOURCES:.wav=.mp3)))

$(DESTDIR)/%.mp3: $(SRCDIR)/%.wav
        -mkdir -p $(DESTDIR)
        $(CONV) -i $< $(OPTS) $@

all: $(TARGETS)

clean:
        -rm -f $(TARGETS)

変換時に -filter:a loudnorm オプションを付けて音量を自動的に揃えるようにしてある。

Ogg Vorbis にしたい場合は次のようにする。

CONV = ffmpeg
OPTS = -filter:a loudnorm -codec:a libvorbis -qscale:a 1
SRCDIR = wav
DESTDIR = oga

SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.wav)
TARGETS = $(addprefix $(DESTDIR)/, $(notdir $(SOURCES:.wav=.oga)))

$(DESTDIR)/%.oga: $(SRCDIR)/%.wav
        -mkdir -p $(DESTDIR)
        $(CONV) -i $< $(OPTS) $@

all: $(TARGETS)

clean:
        -rm -f $(TARGETS)

AMラジオを圧縮するときのビットレート

AMラジオの音質は 32 kbps 相当と言われるが実際はどうだろう。

3種類のフォーマットで(サンプリング周波数は変えずに*1ビットレートを変えて試してみた結果が次の通り。

形式 ビットレート 変換速度 聞こえ方
MP3 64 kbps 80x 比較すると音質の低下がわかる程度
MP3 32 kbps 110x シャリシャリいう音が目立つ
AAC 64 kbps 66x 比較すると音質の低下がわかる程度
AAC 32 kbps 53x MP3 32kよりは音質の低下が目立たない
Ogg Vorbis 58.1 kbps 95x 音質の低下は感じない

ここで変換速度は10分の長さの音声を1分で変換できたときを 10x とする。数値が大きいほど速い。

また Ogg Vorbis は指定できる一番低い品質 (qscale=1) で十分な音質を得られたのでそれ以外試していない。

以上から Ogg Vorbis が音質・変換速度ともに良いので .oga が再生できる環境ならこの形式にすべきだろう。それ以外の環境では音質に違いがなく変換が速い 64 kbps の MP3 を選ぶ。

*1:ラジオをMP3で保存する | Round & Round The Ring I Go にあるように再生できない機器があるようなので