Axios の使い方

Axios は XMLHttpRequest を Promise ベースで使えるようにしたライブラリ。Promise の polyfill を使えば IE 11 から動作する。

公式の README よりよく使う部分を抜粋。

GET リクエストを行う

import axios from 'axios'

async function getUser () {
	try {
		const response = await axios.get('/user?ID=12345')
		console.log(response)
	} catch (error) {
		console.error(error)
	}
}

GET パラメータは次のようにも指定できる。

axios.get('/user', {
	params: { ID: '12345' }
})

POST リクエストを行う

import axios from 'axios'

async function updateUser (user) {
	try {
		const response = await axios.post('/user/update', {
			data: user
		})
		console.log(response)
	} catch (error) {
		console.error(error)
	}
}

await updateUser({
	ID: '12345',
	name: 'John'
})

オプション data にプレーンなオブジェクトを渡すと、リクエストボディは application/json 形式となる。データを application/x-www-form-urlencoded 形式で送信する場合は URLSearchParams を使用する。

const user = {
	ID: '12345',
	name: 'John'
}

const params = new URLSearchParams()
Object.keys(user).forEach((key) => {
	params.append(key, user[key])
})

axios.post('/user/update', {
	data: params
})

世界のイコールを含む不等号の形

不等号 < > は世界共通で使われているが、等号を含む不等号は形がさまざまで ≤ ≥ や ⩽ ⩾ のほか、専ら日本で使われる ≦ ≧ がある。

≦ ≧ を使用する言語・地域

SEO スパムリスト

  • jakarta.ut.ac.id
  • corrcon.com
  • magnumdogcarrier.com
  • www.kulsan.com.tr
  • upz.uinsu.ac.id
  • multi-creative.net
  • medisof.gr
  • www.todayscatholic.com.my
  • jadoreglam.com
  • contextoenergetico.com
  • psc-ho.lsb.gov.la
  • cpi-corporate.com
  • antoniorrocha.com.br
  • redlineadv.com
  • transports-autize.fr
  • lp.rogeriocamposprime.com.br
  • felix.by
  • www.bikramyogabelgrano.com.ar
  • samorzadnykalisz.pl
  • apastepeque.gob.sv
  • apastepeque.gob.sv
  • aspell.uz
  • cocobody.jp
  • gatewaylegal.com.au
  • bqgreen.org
  • szlifszar.pl
  • moras.gr
  • cabja.com.mx
  • moshimoshi.co.in
  • sexpert.fr
  • dlalkher.sudafast.edu.sd

PowerShell でページャ less / lv を使う

前書き

PowerShell ではページャとしてコマンドプロンプトと同じ more を使えるが、後戻りができないので不便だった。そこで次の方法を試したがうまくいかなかった。

  • GnuWin32 のバイナリを使う
    • 文字が表示されない
  • WSL (Windows Subsystem for Linux) の less や lv を使う
    • 引数にファイルを指定したときに WSL と Windows でパス区切りが違うためファイルを読めない

次の方法もあったが LCC (C Compiler) が必要だったため試さなかった。

使用方法

試した中で WSL の less / lv を使うのが一番良さそうだったので、パスを変換するためのスクリプトPHP で書いた。

使用方法は次の通り。

  • この lv.cmd をパスの通ったディレクトリ、 lv.php を適当なディレクトリに配置する
  • lv.cmd で指定している php および lv.php のパスを環境に合わせて修正する
  • less を使う場合は lv.phpconst PAGER = 'wsl lv'; の部分を、またファイル名を修正する
  • lv を使う場合は WSL に lv をインストールする

f:id:scientre:20200617103156p:plain
PowerShell で lv