MacBook Pro 15インチの買い替え検討メモ

2012年9月から使っている MacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイモデル (Mid 2012) の調子が悪いので、思い切って新しい機種を買うことにした。

写真や印刷物を扱うには sRGB(公式な仕様としては書かれていないがそのくらい)のディスプレイがややつらいので、DCI-P3 の広色域ディスプレイに少し期待している。

サイズの選択

最新 (Mid 2018) の MacBook Pro は13・15どちらのモデルも輝度500ニト (= cd/m²)、広色域(P3)のディスプレイを備える。True Tone(環境光に合わせて色を調整)に対応しているのは15インチモデルのみ。

現在15インチモデルを 1680 × 1050 スケーリング表示しているが、13インチモデルでは「領域を拡大」の最大がこの解像度に当たる。しばらく外部ディスプレイを使用しないことを考えると、13インチでは表示が小さくなりすぎるだろうから15インチを選択する。

CPU の選択

写真のRAW現像は single core score が影響する。価格を考えると Core i7 2.2 GHz モデルでも十分。

機種 CPU Single Multi 価格
MacBook Pro 15 Mid 2018 Core i9-8950HK 2.9 GHz 5,349 22,622 +44,000円
MacBook Pro 13 Mid 2018 Core i7-8559U 2.7 GHz 5,140 17,763 −22,000円
MacBook Pro 15 Mid 2018 Core i7-8850H 2.6 GHz 5,055 21,470 +11,000円
MacBook Pro 15 Mid 2018 Core i7-8750H 2.2 GHz 4,913 21,172 +0円
MacBook Pro 15 Mid 2012 Core i7-3615QM 2.3 GHz 3,235 10,713 --

メモリの選択

16 GB → 32 GB で +44,000円

あとから増設不可能なので 32 GB を選択する。

Photoshop CS6 で幅 6000 px、レイヤーが10枚程度のデータを開くとメモリを 1.4 GB 消費する。

ストレージ

512 GB → 1 TB で +44,000円

今後データが増えることを考え、余裕のある 1 TB を選択する。

現在の MacBook はストレージが 512 GB。iPhone (128 GB) のバックアップはローカルに完全バックアップを作成している。必要ないデータは外付ハードディスク 2 台にバックアップしてある状態で空きが 90 GB くらい。

付属品等

MacBook Pro 2018 には USB-A 端子がなくすべて USB-C なので変換するアダプタを購入する。また最近購入した EOS RP を接続するためのケーブルも合わせて購入。

購入したもの

検討した仕様で税別368,800円、税込398,304円。

その上で認定整備済製品を確認してみたら、より高いスペックのものが同価格で買えることが分かった。迷わずこちらを購入。

新旧を比較してみると CPU 性能が 65 % 向上した以外にも、サイズがやや小さく薄くなり、190 g 軽くなるメリットもあった。

プロセッサ Core i7 2.3 GHz Core i9 2.9 GHz
メモリ 8 GB 1600 MHz DDR3 32 GB 2400 MHz DDR4
ストレージ 512 GB SSD 1 TB SSD
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 650M Radeon Pro 560X
ディスプレイの色域 sRGB DCI-P3
寸法 359 × 247 × 18 349 × 241 × 16
質量 2.02 kg 1.83 kg

f:id:scientre:20190520222016j:plain
新旧の MacBook Pro 15インチ。Apple ロゴが小さくなっている

2019年4月 金沢市議会選挙 住宅地で騒音を発した候補者

2019年4月21日投票の金沢市議会選挙にて、住宅地およびその近辺で騒音を発した候補者の一覧。

43候補者のうち現在確認しているのは以下の9名。なお定数は38名である。

届出順 届出名 氏名 年齢*1 所属政党/団体 現職/新人
3 森尾よしあき 森尾 嘉昭 68歳 日本共産党 現職 7期
7 中西としお 中西 利雄 69歳 無所属 現職 7期
12 さわい英樹 澤飯 英樹 64歳 無所属 現職 7期
13 上田まさひろ 上田 雅大 45歳 自由民主党 現職 1期
15 よこごし徹 横越 徹 66歳 自由民主党 現職 5期
17 のもと正人 野本 正人 58歳 自由民主党 現職 3期
29 たなか美絵子 田中 美絵子 43歳 無所属 新人
36 こまい大祐 小間井 大祐 36歳 自由民主党 現職 2期
39 山本ゆきこ 山本 由起子 64歳 無所属 現職 3期

*1:年齢は投票日時点

複数の wave ファイルを MP3/AAC に変換する Makefile

FFmpeg を使って wav ディレクトリにある wave ファイルを一括で MP3 に変換するため、次のような Makefile を書いた。

CONV = ffmpeg
OPTS = -filter:a loudnorm -ab 64k
SRCDIR = wav
DESTDIR = mp3

SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.wav)
TARGETS = $(addprefix $(DESTDIR)/, $(notdir $(SOURCES:.wav=.mp3)))

$(DESTDIR)/%.mp3: $(SRCDIR)/%.wav
        -mkdir -p $(DESTDIR)
        $(CONV) -i $< $(OPTS) $@

all: $(TARGETS)

clean:
        -rm -f $(TARGETS)

変換時に -filter:a loudnorm オプションを付けて音量を自動的に揃えるようにしてある。

Ogg Vorbis にしたい場合は次のようにする。

CONV = ffmpeg
OPTS = -filter:a loudnorm -codec:a libvorbis -qscale:a 1
SRCDIR = wav
DESTDIR = oga

SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.wav)
TARGETS = $(addprefix $(DESTDIR)/, $(notdir $(SOURCES:.wav=.oga)))

$(DESTDIR)/%.oga: $(SRCDIR)/%.wav
        -mkdir -p $(DESTDIR)
        $(CONV) -i $< $(OPTS) $@

all: $(TARGETS)

clean:
        -rm -f $(TARGETS)

AMラジオを圧縮するときのビットレート

AMラジオの音質は 32 kbps 相当と言われるが実際はどうだろう。

3種類のフォーマットで(サンプリング周波数は変えずに*1ビットレートを変えて試してみた結果が次の通り。

形式 ビットレート 変換速度 聞こえ方
MP3 64 kbps 80x 比較すると音質の低下がわかる程度
MP3 32 kbps 110x シャリシャリいう音が目立つ
AAC 64 kbps 66x 比較すると音質の低下がわかる程度
AAC 32 kbps 53x MP3 32kよりは音質の低下が目立たない
Ogg Vorbis 58.1 kbps 95x 音質の低下は感じない

ここで変換速度は10分の長さの音声を1分で変換できたときを 10x とする。数値が大きいほど速い。

また Ogg Vorbis は指定できる一番低い品質 (qscale=1) で十分な音質を得られたのでそれ以外試していない。

以上から Ogg Vorbis が音質・変換速度ともに良いので .oga が再生できる環境ならこの形式にすべきだろう。それ以外の環境では音質に違いがなく変換が速い 64 kbps の MP3 を選ぶ。

*1:ラジオをMP3で保存する | Round & Round The Ring I Go にあるように再生できない機器があるようなので

iTunes の曲名を一括置換する (macOS)

スクリプトエディタを使う。以前は AppleScript しか使えなかったが、現在では JavaScript で簡潔に書けるようになった。

次のスクリプトを実行すると、iTunes で選択したトラックの曲名を置換できる。

app = Application("iTunes");
app.selection().map((track) => {

	// 「J.S.Bach;Choral」→「J.S.Bach: Choral」のように置換
	track.name = track.name().replace(/;/, ": ");

	return track.name();
});

f:id:scientre:20190411205501p:plain
スクリプトエディタ

PDFの文字列をコピペするとおかしな文字列になる現象の本当の回避方法

Microsoft Office の Word, Excel, PowerPoint (2010, 2013, 2016 とも) から出力した PDF ファイルを Adobe ReaderAdobe Acrobat Pro で開くとテキストがうまくコピーできない。

たとえば、「毎日暑い日が続きますが、ご自愛くださいませ。」と書いたPDFがあるとします。


(中略)


不思議なことに「毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎日暑いが続きます、ご自愛くださせ。 毎」などと何度も繰り返された文章になります。

PDFの文字列をコピペするとおかしな文字列になる現象の回避方法。 / 【エムテック】設計・人材派遣・WEBサイト制作・システム開発

ちなみに Microsoft Office から PDF を作成するときに「アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ」を外すと正しくテキストをコピーできるらしいが、この設定をデフォルトにすることができず毎回設定する必要がある。それにテキストをコピーしたいのは自分だからわざわざ相手に頼むわけにもいかない。

実はこれを簡単に解決する方法があって、それは Adobe ReaderAdobe Acrobat を使わないこと。ちゃんとコピーできないのは Adobe のソフトに問題があるからだ。

Windows の場合、最近のウェブブラウザは独自で PDF を表示する機能を持っているので好みのウェブブラウザに PDF を関連付けよう。Edge, Firefox, Chrome を試してみたところ、Chrome が最も見た目通りにテキストをコピーできた。Edge や Firefox では改行が入らないことがある。

PDF を Chrome に関連付ける画面
PDF を Chrome に関連付ける

macOS の場合は標準で関連付けられている「プレビュー」を使えばよい。