i.i.BookmarKのコンセプトとか

オンラインブックマーク i.i.BookmarK について。

目的

  • 2006年くらい当時の、ブラウザのブックマークが使いづらさを改善 (現在は改善されているところも多い)
    • フォルダを使って管理していたため、ブックマーク数が増えると探す手間がかかるし、分類も難しくなる
    • ブラウザによって形式がばらばら、移行の手間がかかる

コンセプト

  • 検索ベース
    • 項目が増えても、検索語を追加して絞り込むことができる
  • よく使う項目を全面に
    • より短時間でアクセスできる
  • Webアプリ
    • 様々な環境で同じように使える

詳細

  • 検索システム
    • インクリメンタルサーチによりすぐに結果を確認できる。入力して絞り込んでいくうちに検索結果が見つからなくなった場合、直前の結果を残しておくことにより目の前から情報が消えてしまう不安を防ぐ (改善点:検索結果が見つからない場合ハイライトなどで通知する)
    • 検索の対象としてページのタイトルや自分でつけた説明のほかに、ページの内容や他のソーシャルブックマークサービスにおいて付けられているタグを参考にキーワードを抽出したものも含めることにより、内容から検索できる。さらに読みがなの情報を用意することで、日本語入力の状態でもインクリメンタルサーチが可能である
    • あらかじめよく使う検索語を登録しておくことでマウスで簡単に検索が行える (改善点:登録内容から自動的に検索語を抽出する)
  • よく使う項目を全面に
    • 巡回サイトや最近追加したブックマークはアクセス数が多いのでi.i.BookmarKを開いたときに表示させておく
    • 「よく使うブックマーク」は単純な参照回数ではなく、より近い過去に多く参照したものを優先的に表示する
  • Webアプリ
    • iGoogleガジェット対応 (改善点:Googleアカウントだけでログインしたい)