PuTTY に付属する PSCP でファイルを転送する

Windows には scp コマンドがない(Windows 10Windows Subsystem for Linux にはあるかもしれない)。SSH クライアントに PuTTY を使っているなら PSCP を使おう。

PSCPコマンドラインで動作するツールながら、PuTTYGUI 上で接続条件を設定してセッションとして保存しておけば、それを読み込めるのが便利なところ。

セッションを使用してファイルをリモートから転送するには次のコマンドを実行する。

pscp -C -load セッション ホスト名:/コピー元/の/ファイル ファイル名

逆に、ローカルからリモートへファイルを転送するには次のコマンドを実行する。

pscp -C -load セッション ファイル名 [ファイル名...] ホスト名:/コピー先/ディレクトリ

scp コマンドと同様、 -r オプションを使用することでディレクトリのコピーも行える。