読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xyzzy でカーソル位置の単語を選択する Lisp

作業が 5 % 速くなる (当社比)、カーソル位置の単語を現在のシンタックステーブルに基づいて選択してくれる Lisp。“foo-bar” という文字列の場合、c-mode ならカーソル位置によって foo または bar、 css-mode や lisp-mode なら foo-bar を選択してくれる。
単語を選択したら、あとは単語を書き換えるなりコピーするなり煮るなり焼くなりお好みで。やみつき。

;; カーソル位置の単語を選択
(defun select-word ()
  (interactive)
  (progn
	(skip-syntax-spec-backward "w_")
	(start-selection 2 t)
	(skip-syntax-spec-forward "w_")
	))

;; キーを C-1 に設定
(global-set-key #\C-1 'select-word)

TODO: 日本語も選択できるようにする