読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Chrome の翻訳機能を Web ページ上で制御する

Google Chrome でデフォルトの言語以外の言語で書かれたページを表示すると翻訳バーが表示される。

この翻訳バーは Web ページの内容に応じて表示されるが、時には言語を誤って判定されて邪魔になることもある。

そこで、翻訳バーを制御するための方法をここに示す。

Web ページの言語を指定する方法

最も自然で簡単な方法がこれ。HTTP ヘッダに Content-Language ヘッダを出力する。

Content-Language: ja

あるいは HTML 中に meta 要素を書いてもよい。

<meta http-equiv="Content-Language" content="ja">

こう指定することによって、Google Chrome を日本語で利用している場合は翻訳バーが出ないようになる。

翻訳を完全に無効にする方法

Web ページの翻訳を完全に無効にするには、次の meta 要素を追加する。

<meta name="google" value="notranslate">

もしくは次の書き方でもよい。

<meta name="google" content="notranslate">

部分的に翻訳を禁止するには、翻訳してほしくない箇所に notranslate というクラスを追加する。

Email us at <span class="notranslate">sales at mydomain dot com</span>

この方法は固有名詞やソースコードなど、翻訳する必要のない部分を明示するのに便利。また、Google の提供する Web ページ翻訳サービスにも適用されるので覚えておくとよい。