読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JamPackの木管音源の音の立ち上がり

たぶんレビューっぽい何かです。
音の立ち上がりが悪いなーと思ったので調べてみた。使用ソフトは Tartini。形式はAIFFからWAVEにしないといけなかった。

  • Orchestra Piccolo Flute
    • 0.02秒
  • Orchestra Flute
  • Orchestra Flute Section
    • 0.06秒
    • 低音域では立ち上がりが悪く、Gで0.08-0.1秒
  • Orchestra Oboe
    • 0.04秒
  • Orchestra English Horn
    • 0.04秒
    • ビブラートが綺麗。低音域は弱め
  • Orchestra Clarinet
  • Orchestra Clarinet Section
    • 0.06秒
    • シャリュモー音域では滑らかに立ち上がる
  • Orchestra Basoon
    • 0.04秒
    • 高音域でやや遅い
  • Orchestra Clarinet Section のE4

これだけふわっとしていると、複数の音をレガートに繋ぐときはどうするんだろう。
スタッカートにしたときに音量が違うのが使いづらい。音源ファイルをいじって直そうかな。クラリネットセクションのスタッカートで明らかにタイミングがずれてる音があったし。

こういうときは Apple Loop だ、と思って見てみた。

  • Capitol D Clarinet

うーん、少しリリースを遅くしてるだけか。JamPack Symphony Orchestra 同士で、編成がある程度大きいオケで、リバーブをある程度かければ気にならないんだろうけど。